スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山市長選 最後の挨拶

それから数時間後、私は岡山プラザホテルの1室の壇上にいた。マイク納めの後の最後のお礼の挨拶をするためだ。

どの顔も、見覚えのある懐かしいお顔ばかりだった。日に焼けた優しい顔。ある方には初当選の時から、そして違う方には2回目の選挙でお世話になった。こんな逆風の中でも父を支えてくださったことに、どう感謝をしたらいいかわからなかった。

「私たちは代々が政治家の家ではありません。沢山の方たちに手を引かれて、導かれて、右も左もわからない私たち家族はこれまで懸命に長い旅をしてまいりました」

それは本当だった。

ショールをまいて、雪の降りしきる山道を唇をかみしめるようにして歩く母。墨
夏のきつい日差しを受けながら、候補者のたすきをかけて懸命に走る父。

ふいに12年前の自分の姿も浮かんだ。スイカ畑の間の道を転びそうになりながら案内役の方について走ったり、保育園の庭に立って所在なげに挨拶をする自分。そして12年前のプラザホテルの光景も浮かんだ。会場を埋めつくすような人から頂いた、さざ波のように広がる大きな拍手。橋本龍太郎先生が笑顔で到着してくださった瞬間の感激。

ふと部屋の入り口のほうをみると沢山の緑のポロシャツ軍団がいた。

いつもいたらない私たち家族を見守ってきてくださった、頼もしい「チーム熊代」だった。

この方達こそが私たちにとっての本当のヒーローだった。土曜も日曜もなく、朝早くから車を飛ばし、パンフレットを配り、ポスターをはり、大きな声をだして激励し、頭をさげてくれた人達。恩返しをするには勝つしかないのだ。

深々と頭を下げてつたない話しを終わった。話し終わるともう立っている気力も残っていないようだった。沢山の方たちが出口で握手をしてくださり、口々に激励してくださった。

こうして、父の市長選の最後の挨拶が終わった。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。